2019年5月27日月曜日

イフタール


イスラム教徒には、年に1度、1ヶ月間日の出から日没まで飲食を絶つラマダン(断食月)があります。イフタールとは、その期間、日没後に最初に行う食事のことです。ラマダンは太陰暦に沿って行われるため、毎年時期が若干ずれます。
526日に、NIPPON BENGAL FRIEND’S CIRCLE主催のイフタールに参加してきました。
調理場ではカレーやビリヤニなどの美味しい匂いが漂っており、サークルの方々が協力して、イフタールの準備を行っていました。
日没の時間(26日は18:47)ちょうどになると、お祈りが始まり、話し声が止まり、静寂な雰囲気になりました。お祈りが終わると、食事の時間になり、皆さん楽しくおしゃべりをしながらご飯を食べ始め、再び会場の雰囲気がにぎやかになりました。最初にフルーツや揚げ物などのお惣菜が載った皿と、レモンジュース、カレーが出ました。その後に、ビリヤニが運ばれました。その日は牛肉のビリヤニが出ましたが、ヒンドゥー教の参加者の方のために、マトン(羊肉)のビリヤニも用意されていました。
途中で、会場の半分以上の方が、別室でお祈りをするためにいなくなりました。お祈りは畳部屋で行われており、日本にいてもムスリムとして自分達の文化を継続する姿を見ることができました。
ラマダンの目的は、断食によって怒りや強欲を振り払うことだそうです。しかし、1日の断食を終えて、皆で一緒に和気あいあいと食事をするイフタールに参加して、その目的だけでなく、辛い時間を一緒に乗り越えた仲間との食事による連帯感や結びつきの強さというようなものを感じました。(APFSボランティア小島春恵)


2019年4月1日月曜日

韓国の移住者支援団体「チョナンモイセ」APFS訪問


322日、韓国で移住者の支援を行うカトリック団体「チョナンモイセ」が、APFS事務所を訪問しました。
団体の代表と神父様、通訳をして下さった方をはじめとして、韓国に10年やそれ以上住んでいる移住者、合わせて12名が訪れ、お互いの団体の活動内容などについて話しました。移住者の方々は、ベトナムや中国、パキスタン、ロシアといった国々出身で、韓国に移り住んだ当事者の立場からどのように団体に関わっているかを説明してくれました。チョナンモイセは、移住労働者の集住地域である忠清南道天安市で活動をしており、主な活動としては、相談、教育、文化活動を行っているそうです。外国人の方への教育だけではなく、韓国国内の意識を変えようという方針から、当事者達が多文化理解について、実際に学校等の教育機関に赴いて講義をするなど、活動に対する積極的な姿勢が見受けられました。
APFSからはスタッフやボランティアの他、フィリピン、バングラデシュ出身のメンバー3名が参加し、APFSに加わった経緯や日本での生活について紹介したり、チョナンモイセの方からの質問に応えてもらいました。

個人的に興味深かったのは、二重国籍を持つことが許可されているベトナムの方の話でした。移住者のもとに生まれた男の子の場合は、韓国の徴兵制度の為に、国籍を一つに選択しなければならないという点で、日本との社会背景の違いを感じました。その他にも、自己紹介を含めて、その場にいた方それぞれの背景や生活について話し合いもできた有意義な時間となりました。テーブルを囲みながら向き合う形で、終始和やかな雰囲気で行われました。最後に集合写真を撮って締めくくりました。
普段は、APFS内での活動がメインなので、違う団体の方とお互いの話を共有し、交流ができた良い経験となりました。

앞으로도 이런 모임을 가끔 하면서 일본뿐만 아니라 다른 데에서 열심히 살고 있는 이주자와 함께 좋은 사회를 만들 있도록 노력하겠습니다. (これからも このような集まりを時々行いながら日本だけではなく違う場所で一生懸命生活している移住者の方とともに良い社会をつくることができるように頑張ります!)

(APFSボランティア 小島春恵さん)

2018年2月26日月曜日

国際母語デー

2月21日は国際母語デーでした。皆さんご存知でした?

昨日、バングラデシュの演奏グループウットロンが主催し、国際母語デーを祝うイベントが板橋区文化会館で行われ、私たちAPFSも参加してきました。

国際母語デーが制定されたそもそもの発端は、バングラデシュがパキスタンの一部(東パキスタン)であった当時1952年2月21日に、パキスタンの言葉であるウルドゥー語を公用語として使うようパキスタン政府がバングラデシュの人々に強要し、そのことに反発するデモがダッカ(現バングラデシュ首都)で行われて死者が出た出来事に由来します。1999年にユネスコがこの日を国際母語デーと制定しました。バングラデシュではこの日を「言語運動記念日」としているそうです。
イベントの始まりは、デモで亡くなった死者を弔うために献花台に花をたむけました(上写真)。厳かな雰囲気から、来賓あいさつ、ウットロンの演奏に移り、数々の詩の朗読もありました(下写真)。

バングラデシュの方々が母語のベンガル語に誇りを持っていることを実感するイベントでした。私たち日本人は日本語に誇りを持っているのだろうか、日本の他の言語であるアイヌ語などに敬意を払っているのだろうかと思わせる機会でした。
日本に住む在住外国人の皆さんが、日本で母国語を大切にできるような社会に日本がなっていければと思いました。

2017年8月14日月曜日

メンバーさん訪問

7月28日、APFSメンバーがやっている中華料理店へランチを食べに行きました。
このメンバーさんも以前はビザの問題があり、APFSとともに頑張って、今は立派に飲食店を経営しています。子どもさんも当時はまだ小学生でしたが、今は大学生ということで時間の経過を感じました。
様々な問題を抱えていた在住外国人のメンバーさんが、苦難を乗り越えて日本社会でしっかり根を張り生活している姿を見るのは本当にうれしいです。


2017年1月6日金曜日

スラジュさん国賠訴訟 弁護団声明文

昨年11月に出ましたスラジュさん国賠訴訟の最高裁判決を受けて、スラジュ弁護団の先生方が以下のように声明文を出されました。以下転載いたします。


国家賠償請求訴訟の結果のご報告
 

 国費送還中にスラジュさんが亡くなったことに対する国家賠償請求訴訟について、2016年2月1日付で最高裁判所に対して上告及び上告受理の申立てをしていましたが、同年11月9日付で最高裁判所第二小法廷より、上告棄却決定及び上告受理申立ての不受理決定を受け、同日付で原告側の敗訴が確定する結果となりました。決定理由としては、「民事事件について最高裁判所に上告をすることが許されるのは、民訴法312条1項又は2項所定の場合に限られるところ、本件上告の理由は、違憲をいうが、その実質は事実誤認又は単なる法令違反を主張するものであって、明らかに上記各項に規定する事由に該当しない。」「本件申立ての理由によれば、本件は、民訴法318条1項により受理すべきものとは認められない。」といったもので、実質的な決定理由についての言及はありませんでした。

特段の抵抗が見られないスラジュさんを大勢で抱え上げ、法律上規定もされていない猿ぐつわ、足錠、結束バンド等の戒具まで用いた上で、前屈みの状態を強い、結果死亡という最悪の結果をもたらしたことに対して、裁判所は最終的に国の責任を認めませんでした 
激しい拘束・制圧が行われたまさにその最中に死亡に至ったという経緯があるにも関わらず、これがもっぱらスラジュさんの持病によるものという理不尽な判断が確定したこととなり、私たち弁護団一同はこの不正義の結果に強い憤りを感じます。また、スラジュさんが亡くなられてから約6年半、国家賠償請求訴訟提起から約5年が経過していたなかでの結果で、スラジュさん及びそのご遺族の無念に思いを致すと、筆舌に尽くせません。送還中に一人の人の命が失われるという大事を起こしておきながら、依然として入管行政においては被収容者や被送還者の諸々の人権に対して配慮した実務が行われているとは言い難い状況にあります。入管行政においては、人権侵害がなされぬよう慎重な配慮をするとともに、当事者の生命・身体・自由へ及ぼす影響の大きさを考慮して送還の全過程を録画する等その執行の適法性・妥当性について常に検証可能とするような仕組みを整えることが強く求められます。
これまで多大なるご支援をいただいた皆様方に、弁護団一同、感謝の意を表するとともに、今後も皆様方と協力しつつ、入管行政における人権侵害の根絶を目指していく所存です。
弁 護 団 一 同

2016年12月14日水曜日

スラジュさん奥様からのメッセージ

スラジュさん事件国賠訴訟は11月9日付で上告が退けられました。
その後、支援者の皆さんへのメッセージを奥様にお願いし、つらい気持ちでいっぱいの中、奥様から以下の気持ちをお伝えいただきました。以下、共有いたします。


これまでスラジュ事件にご関心お持ち頂きありがとうございます。

  上告審は最高裁 菅野博之裁判長が2016119日付けの決定で遺族の上告を退け、遺族の逆転敗訴とした東京高裁判決が確定しました。

 夫が亡くなってから6年以上が経ちました。裁判は夫の死と向き合わなくてはならず、とても辛く度々挫けそうになりました。それでも傍聴席に足を運んで下さる皆様のお姿に励まされ、皆様の励ましのお言葉に勇気づけられこれまで進んでくることができました。皆様のご支援がなかったらこれまでの長い道のりを進んでこられなかったと思うと深い感謝と感慨の念でいっぱいです。

 夫が戻ってこないとしても、せめて夫の死が無駄にならないように、二度と同じような過ちが起こらないようにとの思いでこれまできました。しかし皆様のご支援にもかかわらず、真相究明まで届かず、このような結果に無念でなりません。皆様と一緒に正義の為にここまで来たのに、高裁判決が残した大きな問題点を再審議する必要はないという最高裁の判断には、大変な苦痛と不安を感じています。

 しかし結果は無念でも、これまで様々な事が分かり、地裁法廷では夫の送還ビデオテープが開示され、夫の送還に立ち会った入管職員6人に対面できた事は遺族にとって大きなものとなりました。皆様のおかげで入管職員の夫への制圧行為と夫の死亡との因果関係が認められ、地裁を勝ち取れた事は、法務省と入管に少しでも爪痕を残せたと思います。

 今後これ以上犠牲者を増やさせないようにする為には、事件を起こした当事者である法務省と入管に夫の死を決して忘れさせてはいけないと考えています。一生傷は癒える事はないと思いますが、「みんなを助けたい。」と言っていた夫の意志を継いで活動を続けて行きますので、よろしければ、皆様にスラジュ事件を未来永劫語り継いで頂ければと思います。

 皆様には長い期間に亘り多大なるご支援を頂きまして心より感謝しております。本当にありがとうございました。重ねて御礼申し上げます。

どうぞ今後もアブバカル・アウドウ・スラジュを一瞬でも思い浮かべて頂ければ幸いです。

 年末に向けてご多忙のことと存じます。皆様どうかご自愛専一になさってください。


                       
スラジュ妻より
                               2016年 12月

2016年11月25日金曜日

スラジュさん事件 最高裁敗訴確定

これまで皆様にご支援いただいていたスラジュさん事件の国賠訴訟ですが、2016年11月9日付で上告が退けられました。

地裁判決では、送還時に入管職員が行ったスラジュさんへの制圧行為には「違法性」があり、その行為によってスラジュさんは「窒息死」したとされましたが、高裁判決では一転、制圧行為は「必要かつ相当な行為」であり違法でないとされ、スラジュさんの死は「窒息死」ではなく本人の心臓病によるものとされ、この高裁判決が確定してしまいました。

2010年3月にスラジュさんが亡くなってから、支援者の皆様のお力をお借りしながら、スラジュさんの奥様、弁護団とともに真相究明を求めて最高裁まで走り続けてきました。スラジュさんの実際の送還の状況が写されたビデオ動画が証拠保全で出されたり、入管行為の違法性を認めた画期的な地裁判決が出された時は、真実にまさに近づいたと感じた瞬間でした。しかし今回このような結果となってしまいました。

奥様からのメッセージと弁護団からの声明文をは近日アップの予定です。

これまでご関心お持ちいただき、傍聴にも通ってくださった方、本当にありがとうございました。