2017年1月6日金曜日

スラジュさん国賠訴訟 弁護団声明文

昨年11月に出ましたスラジュさん国賠訴訟の最高裁判決を受けて、スラジュ弁護団の先生方が以下のように声明文を出されました。以下転載いたします。


国家賠償請求訴訟の結果のご報告
 

 国費送還中にスラジュさんが亡くなったことに対する国家賠償請求訴訟について、2016年2月1日付で最高裁判所に対して上告及び上告受理の申立てをしていましたが、同年11月9日付で最高裁判所第二小法廷より、上告棄却決定及び上告受理申立ての不受理決定を受け、同日付で原告側の敗訴が確定する結果となりました。決定理由としては、「民事事件について最高裁判所に上告をすることが許されるのは、民訴法312条1項又は2項所定の場合に限られるところ、本件上告の理由は、違憲をいうが、その実質は事実誤認又は単なる法令違反を主張するものであって、明らかに上記各項に規定する事由に該当しない。」「本件申立ての理由によれば、本件は、民訴法318条1項により受理すべきものとは認められない。」といったもので、実質的な決定理由についての言及はありませんでした。

特段の抵抗が見られないスラジュさんを大勢で抱え上げ、法律上規定もされていない猿ぐつわ、足錠、結束バンド等の戒具まで用いた上で、前屈みの状態を強い、結果死亡という最悪の結果をもたらしたことに対して、裁判所は最終的に国の責任を認めませんでした 
激しい拘束・制圧が行われたまさにその最中に死亡に至ったという経緯があるにも関わらず、これがもっぱらスラジュさんの持病によるものという理不尽な判断が確定したこととなり、私たち弁護団一同はこの不正義の結果に強い憤りを感じます。また、スラジュさんが亡くなられてから約6年半、国家賠償請求訴訟提起から約5年が経過していたなかでの結果で、スラジュさん及びそのご遺族の無念に思いを致すと、筆舌に尽くせません。送還中に一人の人の命が失われるという大事を起こしておきながら、依然として入管行政においては被収容者や被送還者の諸々の人権に対して配慮した実務が行われているとは言い難い状況にあります。入管行政においては、人権侵害がなされぬよう慎重な配慮をするとともに、当事者の生命・身体・自由へ及ぼす影響の大きさを考慮して送還の全過程を録画する等その執行の適法性・妥当性について常に検証可能とするような仕組みを整えることが強く求められます。
これまで多大なるご支援をいただいた皆様方に、弁護団一同、感謝の意を表するとともに、今後も皆様方と協力しつつ、入管行政における人権侵害の根絶を目指していく所存です。
弁 護 団 一 同

2016年12月14日水曜日

スラジュさん奥様からのメッセージ

スラジュさん事件国賠訴訟は11月9日付で上告が退けられました。
その後、支援者の皆さんへのメッセージを奥様にお願いし、つらい気持ちでいっぱいの中、奥様から以下の気持ちをお伝えいただきました。以下、共有いたします。


これまでスラジュ事件にご関心お持ち頂きありがとうございます。

  上告審は最高裁 菅野博之裁判長が2016119日付けの決定で遺族の上告を退け、遺族の逆転敗訴とした東京高裁判決が確定しました。

 夫が亡くなってから6年以上が経ちました。裁判は夫の死と向き合わなくてはならず、とても辛く度々挫けそうになりました。それでも傍聴席に足を運んで下さる皆様のお姿に励まされ、皆様の励ましのお言葉に勇気づけられこれまで進んでくることができました。皆様のご支援がなかったらこれまでの長い道のりを進んでこられなかったと思うと深い感謝と感慨の念でいっぱいです。

 夫が戻ってこないとしても、せめて夫の死が無駄にならないように、二度と同じような過ちが起こらないようにとの思いでこれまできました。しかし皆様のご支援にもかかわらず、真相究明まで届かず、このような結果に無念でなりません。皆様と一緒に正義の為にここまで来たのに、高裁判決が残した大きな問題点を再審議する必要はないという最高裁の判断には、大変な苦痛と不安を感じています。

 しかし結果は無念でも、これまで様々な事が分かり、地裁法廷では夫の送還ビデオテープが開示され、夫の送還に立ち会った入管職員6人に対面できた事は遺族にとって大きなものとなりました。皆様のおかげで入管職員の夫への制圧行為と夫の死亡との因果関係が認められ、地裁を勝ち取れた事は、法務省と入管に少しでも爪痕を残せたと思います。

 今後これ以上犠牲者を増やさせないようにする為には、事件を起こした当事者である法務省と入管に夫の死を決して忘れさせてはいけないと考えています。一生傷は癒える事はないと思いますが、「みんなを助けたい。」と言っていた夫の意志を継いで活動を続けて行きますので、よろしければ、皆様にスラジュ事件を未来永劫語り継いで頂ければと思います。

 皆様には長い期間に亘り多大なるご支援を頂きまして心より感謝しております。本当にありがとうございました。重ねて御礼申し上げます。

どうぞ今後もアブバカル・アウドウ・スラジュを一瞬でも思い浮かべて頂ければ幸いです。

 年末に向けてご多忙のことと存じます。皆様どうかご自愛専一になさってください。


                       
スラジュ妻より
                               2016年 12月

2016年11月25日金曜日

スラジュさん事件 最高裁敗訴確定

これまで皆様にご支援いただいていたスラジュさん事件の国賠訴訟ですが、2016年11月9日付で上告が退けられました。

地裁判決では、送還時に入管職員が行ったスラジュさんへの制圧行為には「違法性」があり、その行為によってスラジュさんは「窒息死」したとされましたが、高裁判決では一転、制圧行為は「必要かつ相当な行為」であり違法でないとされ、スラジュさんの死は「窒息死」ではなく本人の心臓病によるものとされ、この高裁判決が確定してしまいました。

2010年3月にスラジュさんが亡くなってから、支援者の皆様のお力をお借りしながら、スラジュさんの奥様、弁護団とともに真相究明を求めて最高裁まで走り続けてきました。スラジュさんの実際の送還の状況が写されたビデオ動画が証拠保全で出されたり、入管行為の違法性を認めた画期的な地裁判決が出された時は、真実にまさに近づいたと感じた瞬間でした。しかし今回このような結果となってしまいました。

奥様からのメッセージと弁護団からの声明文をは近日アップの予定です。

これまでご関心お持ちいただき、傍聴にも通ってくださった方、本当にありがとうございました。






2016年4月18日月曜日

カレーフェスティバル&バングラデシュボイシャキメラ2016 のご報告


去る、417日(日)に東京・池袋西口公園にて「第17回カレーフェスティバル&バングラデシュボイシャキ メラ(バングラデシュのお正月祭り)2016」が開催されました。当日の午前中は雨だったものの、15ブースものバングラデッシュカレーやその他多数のバングラデッシュの伝統衣装などを取り扱うお店が出店され賑わいを見せました。
  
また、会場中央に設置されたステージでは新年を祝う歌やダンスも披露されました。APFSは無料の外国人相談のブースを設置しました。ブースではビザ、進学、就職など生活全般に関わる相談を受け付け、結果多数の方々にご利用頂く事が出来ました。これには私、五十嵐を含めた他2名のボランティアの方々も相談者の呼びこみ係として参加しました。普段の生活であまり接点の無いバングラデシュの人々とお話出来る機会に恵まれ、彼らの明るさや真摯さ、また日本語の流暢さに多々驚きました。しかしながら、相談を聞く中でより一層の支援の必要さを痛感したのも事実です。一人一人の力は小さいですが、それが集まれば大きな力になるはずです。もし、今年来られなかった方は来年是非このお祭りに参加してみて下さい。きっと世界が広がると思います。

2016年3月26日土曜日

スラジュさん事件から6年

3月22日はスラジュさんの命日でした。あの事件から6年です。

以下、スラジュさんの奥様から命日にメッセージ頂きました。
 
皆様こんにちは、スラジュの妻です。
これまでスラジュ事件にご関心ご支援を下さりありがとうございます。
夫の無念の死から早いもので6年が経ちました。
皆様の温かいご支援でこれまでの道のりを乗り越えられてきた事と、沢山の ご支援者様のおかげで これからも裁判を続ける事ができるようになった事を夫に 報告致しました。
そして 夫の魂が永遠に安らかであるようイマームさん( 牧師さんに近い) にモスクでお祈りしていただきました。
戦いの道のりは長く続くかもしれませんが、皆さまどうぞスラジュ事件をこれからも見守り続け下さいますようお願い申し上げます。
 
スラジュ妻
(写真は、モスク(上)とスラジュさんがよくギターの練習をしていた公園(下))
 
 
 
現在、最高裁での審議に向け、弁護団の先生方がご準備されています。
引き続き、この事件にご関心お持ちいただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

2016年2月6日土曜日

スラジュさん事件国賠訴訟 上告しました

上告の期限である2月1日、スラジュさんのお母様のお名前で、
賠償額を減額して(一審でお母様に認容された250万円ほど)、
控訴審判決に不服有りということで上告いたしました。
 
この事件にご関心お持ちいただいている皆様にスラジュさんの
奥様からメッセージを以下に転載いたします。
 
「 スラジュ事件のご支援の皆様
 
いつもご支援ありがとうございます。
スラジュの妻です。
皆様のおかげで遺族を代表してお母さんの名前で
上告する事ができ裁判を続けることができます。
本当にありがとうございます。
心から感謝申し上げます。
 
スラジュ妻 」

今度は最高裁で審議が行われます。
今後も引き続きご関心をお持ちいただきますよう、
どうぞよろしくお願いいたします。

2016年1月20日水曜日

スラジュさん事件国賠訴訟 控訴審判決②

前回は控訴審判決内容を報告いたしました。判決後の
様子も報告いたします。

判決後は司法記者クラブにて、記者会見を行いました
(写真上)。多くのメディア各社が出席しました。奥様
からの言葉を求める記者も多く、奥様はそのつど言葉を
詰まらせているご様子でした。その後の報告会は裁判
から1時間以上もたっていたのに、たくさんの傍聴者・
支援者の方が残ってくださりご参加くださいました(写真下)。
弁護団の児玉弁護士からは国と争うことの難しさを
お話になりました。最後に奥様からは、「決して受け入れ
られる判決ではなく、頭でまだ理解できない状況です」と
話されました。

今後については、これから奥様、弁護団とともにどうするか
決める予定です。

裁判にはお金がかかります。今後を考える上でもお金が
ネックになるのは悔しい話です。皆様からのご寄付協力を、
どうぞよろしくお願いいたします。
 
*ゆうちょ銀行の払込票でご寄付頂けます。その際は通信欄に
必ず「スラジュ基金」とお書きください。
加入者:APFS
口座番号:00130-6-485104
(今回の報告会では合計24,610円のご寄付を頂きました。
ありがとうございます。)